2005.11.14

MEST

メロディックパンクの全盛期を支えたバンド。NEW FOUND GLORYGOOD CHARLOTTEが好きな人におすすめ。

photographs  Photographs

2005年発表の4枚目。いかにもという曲は少なくなりましたが、相変わらず抜群のメロディセンス。全体的なバランスも良く、完成度の高いアルバムです。良質のメロディックパンクが不作の中、存在が光っています。

destination_unknown  Destination Unknown

2001年発表の2枚目。パンキッシュな曲とスローな曲のバランスが絶妙。どこを切ってもポップなメロディに溢れた名盤です。メロディックパンクに興味があって、まだ聴いたことがない人には必ず聴いて欲しいと思います。

オフィシャルサイト:http://www.maverick.com/mest/

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.11.03

FROM AUTUMN TO ASHES

ツインヴォーカルを最大限に活用しているスクリーモバンド。最近のスクリーモの流れは、音楽的にメタルと融合してジャンル分けを不可能にしていっているような気がするのですが、このバンドもその流れの中にあるバンドです。

abandon_your_friends  Abandon Your Friends

2005年発表の3枚目。キャッチーなメロディとそれに合わせたヴォーカルを、本当に上手く活かしたアルバム。一本調子になりがちなスクリーモの中では異彩を放つ存在です。サビの部分でツインヴォーカルが絡むキャッチーな7曲目“Placentapede”は、個人的に相当気に入ってる曲です。STORY OF THE YEARが好きな人におすすめですが、出来るだけ多くの人に聴いてもらいたいアルバムです。

オフィシャルサイト:http://www.fromautumntoashes.com/

Where Do You Draw the Line

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.10.02

WAKEFIELD

2003年デビュー。デビューアルバムはメロディックパンクでしたが、2枚目から方向転換しパワーポップを演っています。

wakefield  Which Side Are You on?

2005年発表の2枚目。キャッチーな楽曲に溢れたアルバムですが、やたらとヘヴィだったり、突然ラップになったり、デジタルサウンドになったりと、サウンドは変幻自在でバラエティ豊か。相当良いアルバムだと思うのですが、多くの人に見過ごされている感じなので、強くおすすめしておきます。THE ALL AMERICAN REJECTSSUGARCULTなどのパンクベースでポップなバンドが好きな人は必聴。

オフィシャルサイト:http://www.wakefieldrocks.com/

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2005.10.01

DOPE

外見もかっこいいインダストリアル・ヘヴィロックバンド。デジタル風味でスピーディな楽曲が魅力。このバンドの元ギタリストのトリップ・アイゼンはSTATIC-Xに移ってから、逮捕されました。

american_apathy  American Apathy

2005年発表の4枚目。アルバム全編を通して異常にノリが良く、このバンドの最高傑作だと思います。最近この系統(ROB ZOMBIE、MARILYN MANSONSTATIC-Xなど)で、レベルの高いアルバムが少なかったので、単純にうれしい。前作の名曲“Bitch”も別バージョンで再収録されているのもポイント。音楽を聴いて元気になりたい人におすすめ。

オフィシャルサイト:http://www.dopearmy.com/

| | Comments (78) | TrackBack (0)

2005.08.14

THE AGONY SCENE

アメリカのメタルコアバンド。

the_darekst_red  The Darkest Red

2005年発表の2枚目。アルバムの最初から最後までエネルギーが漲っていて、スラッシュメタルのような勢いがありますが、単調な力押しだけではない楽曲が魅力的。雰囲気はDEVILDRIVERに似ていると思います。個人的にはかなりお気に入り。TRIVIUMなどのメタルコアが好きな人は必聴です。

オフィシャルサイト:http://www.theagonyscene.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.13

WAKING ASHLAND

ポストJIMMY EAT WORLDと言われてる新人エモバンド。

waking_ashland  Composure

2005年発表のデビューアルバム。スローなパートを挟んだり、ピアノを使ったりで、サビに向けて劇的に盛り上がる曲が多く、曲作りの上手さは新人離れしています。ポップで質の高い曲がばかりなので、多くの人に受け入れられるはず。THIS DAY AND AGESOMETHING CORPORATEが好きな人は必聴。

オフィシャルサイト:http://www.wakingashland.com/

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2005.06.16

UNWRITTEN LAW

パンクがベースにあるロックバンド。奇妙なポップさを持っていて、一言で言い表せない音楽性です。

heres_to_the_morning  Here's to the Mourning

2005年発表の5枚目。ミドルテンポ中心ですが、バラエティ豊かでポップな曲ばかりのアルバム。ダミ声のヴォーカルも影響して、ポップでも甘過ぎず、独特の雰囲気を醸し出しています。雑食なところや歌詞の聴き取り易さは、(音楽的にはちょっと違いますが)SUGAR RAYを彷彿させます。個人的にはかなり気に入っているので、ポップなパンクが好きな人におすすめ。

elva  Elva

2002年発表の4枚目。最新作と比べると、全体的な印象ではパンク要素が少し強く、ポップさは少な目ですが、一筋縄でいかない音楽性は同じです。曲ごとに表情がかなり違うので、飽きずに聴けるアルバムです。おすすめ。

オフィシャルサイト:http://www.unwrittenlaw.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.22

ANBERLIN

若手エモバンドの中では、個人的にかなり好きなバンドです。

never_take_friendship_personal  Never Take Friendship Personal

2005年発表の2枚目。全体的にスピード感があり、どの曲もキャッチーで良い曲が満載のアルバム。ヴォーカルに存在感があって、アルバムに一本の筋が通っています。エモやメロディックパンクが好きでこのアルバムを聴かないのは、絶対にもったいないと思います。アルバム発表直後はSUGERCULTHAWTHORNE HEIGHTSと一緒に、これからはACCEPTANCEらとツアーするようです。

blueprints_for_the_black_market  Blueprints for the Brack Market

2003年発表のデビューアルバム。完成度は2枚目に劣りますが、勢いはこのアルバムの曲の方があると思います。基本的な路線は変わらないので、2枚目が気に入った人にはおすすめします。

オフィシャルサイト:http://www.anberlin.com/

| | Comments (234) | TrackBack (0)

2005.05.21

TRIVIUM

メタル・コアバンド。オズフェストのセカンドステージに出演予定。

trivium  Ascendancy

2005年発表の2枚目。スラッシュメタルっぽい音と曲展開の上に普通声のメインヴォーカルとハードコア風のヴォーカルが乗っかるスタイル。曲のバラエティが豊富で、アルバムを通して聴いても飽きが来ないところが非常に良いと思います。SOILWORKLAMB OF GODKILLSWITCH ENGAGEなどが好きな人におすすめ。

オフィシャルサイト:http://www.trivium.org/

Like Light to the Flies

| | Comments (13) | TrackBack (1)

2005.02.21

OUT OF YOUR MOUTH

カナダのポップ・ヘヴィロックバンド。購入当時にミクスチャーって書きましたが、訂正します。

draghdad  Draghdad

デビューアルバム。輸入盤では2004年に出ていますが、国内盤は2005年の発売です。STERIOGRAMLINKIN PARK等のファンにおすすめというステッカーが貼ってありましたが、ノリの良さや音の感触は確かに近いものがあるかも知れません。私は妖しさを取り除いてポップさを強調したMARILYN MANSONだと思いました。ノリの良い音楽を求めている人には、かなりおすすめ。楽しい気分になれます。

オフィシャルサイト:http://www.vikrecordings.com/outofyourmouth/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧