« December 2004 | Main | February 2005 »

13 posts from January 2005

2005.01.30

2005/1/30(年間通算9~10枚目)

2枚です。

KREATOR

enemy_of_god  Enemy of God

ドイツのスラッシュメタルバンドの11枚目。ベテランですが、エネルギーは衰えていません。新鮮な驚きはありませんが、よく練られた展開の曲が多く、質の高いスラッシュメタルアルバムだと思います。THE HAUNTEDなどが好きな人におすすめ。

オフィシャルサイト:http://www.kreator-terrorzone.de/

THIS DAY AND AGE

this_day_and_age  Always Leave the Ground

エモバンドによる2004年発表の2枚目。ピアノを使った綺麗でちょっとポップな曲が特徴的で、個人的にはかなり好きなタイプ。DOWN TO EARTH APPROACHとツアーしているようです。ピアノつながりでSOMETHING CORPORATEが好きな人も気に入ると思います。

オフィシャルサイト:http://www.thisdayandagemusic.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.29

2005/1/29(年間通算8枚目)

1枚買いました。

MASTERPLAN

aeronautics  Aeronautics

ドイツのヘヴィメタルバンドの2枚目。元HELLOWEENのギタリストが始めたバンドですが、いわゆるジャーマンメタルっぽさは希薄で、正統派ヘヴィメタルといった趣のアルバムです。派手さやキャッチーさは乏しいので、聴き込む必要がありますが、好感を持ちました。

オフィシャルサイト:http://www.master-plan.net/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.24

2005/1/24(年間通算7枚目)

今日は1枚です。

RYAN CABRERA

ryan_cabrera  Take It All Away

アメリカンロック・シンガーソングライターのデビューアルバム。THE GOO GOO DOLLSのジョン・レズニックとの共同プロデュースで、ビルボード初登場8位。ポップでメロディアスな楽曲が詰まった爽やかなアルバムで、個人的には大好きな音です。ファルセットを多用する歌い方はLIFEHOUSEを彷彿させます。ポップなロックが好きな人にはおすすめ。

オフィシャルサイト:http://www.ryancabrera.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.23

2005/1/23(年間通算6枚目)

1枚です。

UNTIL THE END

until_the_end  The Blind Leading the Lost

メタルコアバンドの3枚目。勢いのあるヘヴィでストレートな曲がほとんど。さらに1曲1曲が短めで、25分でアルバムが終わってしまいます。ちょっと激しいのが聴きたい時に良いかも。HATEBREEDと比較されることが多いようです。オフィシャルサイトが見つかりませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.16

JUDAS PRIEST

ヘヴィメタル界で今年最大の話題と言えば、ロブ・ハルフォード復帰後のJUDAS PRIESTがニューアルバム「Angel of Retribution」をいよいよ2月に発表するということです。私にとってJUDAS PRIESTは、唯一無二の存在で、今度のニューアルバムの発売を心待ちにしていますが、意外と「JUDAS PRIESTなんて聴いたことがないし、聴く気もない」という人が多いのではないか?と思ってもいます。また、「興味はあるけど、何から聴けば良いのかわからない」という人もいると思います。確かにこのサイトで紹介している多くのバンドと比べると、ベテランで多くのアルバムを発表しているので、取っ付きにくいところがあります。しかし、聴かないで過ごしてしまうのが本当にもったいないと言えるだけの名曲を数多く作り、時代を動かしてきたバンドです。出来るだけ多くの人にJUDAS PRIESTを聴いてもらいたいと考え、どんなアルバムを出していて、どのアルバムから聴けば良いのかを別ページにまとめました。是非、一度覗いてみてください。

特集ページ「JUDAS PRIEST

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.15

2005/1/15(年間通算4~5枚目)

2枚です。

E.TOWN CONCRETE

made_for_war  Made for War

ミクスチャーバンドの4枚目。重量感のあるハードコアにヒップホップ調のヴォーカルが乗っかるスタイルです。前作と比較すると、曲もヴォーカルも重さを増したように感じます。日本での知名度はイマイチですが、アメリカでは多くのバンドからリスペクトされているバンドで、ミクスチャーに明るさを求めていない人にはおすすめです。昨年聴いた中では、BLINDSPOTT辺りに最も近いと思います。

オフィシャルサイト:http://www.etownconcrete.net/

RAUNCHY

confusion_bay  Confusion Bay

デンマークのヘヴィロックバンドの2枚目。音の感触はFEAR FACTORYの密度を少し薄めた感じ。起伏のある曲展開とヘヴィさでアルバムの出来は平均点以上ですが、もう少し個性が欲しいとも思います。

オフィシャルサイト:http://www.raunchy.dk/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.14

2005/1/14(年間通算3枚目)

1枚買いました。

IMPIOUS

hellucinate  Hellucinate

スウェーデンのデス/スラッシュメタルバンドの4枚目。アメリカのメタル・コアバンドとは似て非なるものだと思いますが、LAMB OF GODKILLSWITCH ENGAGEなどが好きなら、このバンドも気に入るはずです。曲のスピード感がものすごく、最近聴いたこの手のバンドの中では、最速です。鐘の音が鳴り響くラストの“Suicide Park”の雰囲気も良い感じです。

オフィシャルサイト:http://www.impious.net/


| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.01.10

SUGAR RAY

オレンジカウンティー出身のミクスチャーバンド。明るいキャラクターと音楽性で馴染みやすい存在。オフィシャルサイトも楽しい雰囲気なので、覗いてみてください。

1459  14:59

1999年発表の3枚目。メタリックな1曲目“New Direction”、ヒットした2曲目の“Every Morning”という流れでこのバンドの雰囲気が大体掴めるんじゃないかと思います。ポップな曲が多くて、大好きなアルバムです。ちなみに歌詞が異常に聴き取りやすいのもこのバンドの特徴。

sugar_ray  Sugar Ray

2001年発表の4枚目。ミクスチャーの範疇には留まりつつも、ポップの要素が強くなったアルバムで、特に前半の出来は非常に良いと思います。5曲目の“Waiting”がお気に入りです。おすすめ。

オフィシャルサイト:http://www.sugarray.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.09

2005/1/9(年間通算1~2枚目)

今年初めてのCDの買い物でした。

OUT OF YOUR MOUTH

draghdad  Draghdad

記事≫

オフィシャルサイト:http://www.vikrecordings.com/outofyourmouth/

BROOKE

brooke  Coming Home

ポップ・ロック・シンガーソングライターのデビューアルバム。2003年発表。ポップなメロディに主軸が置かれていますが、ヒップホップもミックスされているので、SUGAR RAY辺りに感触は近いような気がします。少し前の作品ですが、結構良いです。

オフィシャルサイト:http://www.connoisseurrecords.com/Brooke/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.08

HATEBREED

メタル・コアバンド。2月には来日するらしいです。

the_rise_of_brutality  The Rise of Brutality

2003年発表の3枚目。比較的クセが少なく、メタリックに直球勝負な音です。短い曲が多いところがハードコアっぽくて、12曲32分強で終わってしまいます。LAMB OF GODKILLSWITCH ENGAGE等が好きな人は要チェックだと思います。

オフィシャルサイト:http://www.hatebreed.com

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.04

KILLSWITCH ENGAGE

メタル・コアバンド。2004年まとめの中で紹介しておきながら、アルバムを載せていませんでした。

the_end_of_heartache  The End of Heartache

2004年発表の3枚目。このアルバムからヴォーカルが変わって、パワーアップしたと思います。新任ヴォーカリストの方がより深みのある声で、音楽性に合っています。ブルータルなメタルという趣ですが、湿り気は少なめなところがメロデスと違うところです。ツアーの予定を見ると、SLIPKNOTとツアーをした後、THE USEDMY CHEMICAL ROMANCEらとツアーするようでアメリカは恵まれているなと感じました。

オフィシャルサイト:http://www.killswitchengage.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.02

2004年まとめ メタル・コア編

 ヘヴィメタルと一緒に括っても良さそうでしたが、別にしてみました。2004年はこのジャンルもかなり活況であったと思います。2005年もこの周辺のバンドは要注目です。ちなみに、MAメタルという言葉の意味を最近知りました。MA=マサチューセッツらしいですね。

 個人的に一番お気に入りだったのは、LAMB OF GODの「Ashes of the Wake」です。PANTERAを想起させる歌い回しなども出てきますが、この系統のアルバムとしての完成度はかなり高かったと思います。SHADOWS FALLKILLSWITCH ENGAGEのアルバムもそれぞれ良かったですが、LAMB OF GODをおすすめしたいです。

 ちょっとメタル度が高いですが、THE HAUNTEDの「rEVOLVEr」はSLAYER直系の音でかなりカッコイイので、スラッシュメタル好きは必聴だと思います。また、DISILLUSIONの「Back to Times of Splendor」はプログレ的なところもありますが、ブラストビートを織り交ぜたり起伏に富んだ展開で、最後まで飽きずに聴けます。興味があったら聴いてみてください。

その他では、DRY KILL LOGICCALIBANUNEARTHなどは良かったです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.01.01

2004年まとめ ヘヴィ・ロック/ミクスチャー編

 あけましておめでとうございます。今年も良い音楽に出会える年になりますように。

 何年か前まではこのジャンルに有望な新人が集中的に出現していましたが、2004年はかなり新人が減ったような気がします。各バンドのアルバムは2、3枚目が中心だったので、安心して聴く(買う)ことができましたが、驚きは少なかったです。

 2枚目で化けたなと感じたのはLOSTPROPHETS。1枚目は持っていてもほとんど聴かなかったのですが、「Start Something」はかなり聴きました。“Last Train Home”は2004年のベストチューンです。3枚目になるアルバム「Vol. 3: The Subliminal Verses」を発表したSLIPKNOTも聴きやすくなったので、良い方向に転換したと言えそう。来日公演に行ったこともあって、結構よく聴きました。あと、ちょっと変わったバンドですがAPARTMENT26の「Music for the Massive」は名盤。おすすめです。


 少なかった新人バンドの中で一番光っていたのは、FALLING UP。「Crashings」は2004年最高のデビューアルバムだと思います。LINKIN PARKが好きな人は聴いてください。iPODのCMに起用されたSTERIOGRAMのデビューアルバムも良かったです。こっちはZEBRAHEAD好き向けです。年後半はダンスミュージックとのミクスチャーのHEAD AUTOMATICAをかなり気に入って聴きまくりでした。
 
 その他、好きではあったのが、PAPA ROACHCHRONIC FUTUREBREAKING BENJAMINCHEVELLETANTRICなどです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »