« June 2004 | Main | August 2004 »

52 posts from July 2004

2004.07.31

ANTHRAX

かつてスラッシュメタル四天王と呼ばれたバンドの一つ(他はMETALLICAMEGADETHSLAYER)。4つのバンドの中では最も知名度が低いかも知れませんが、ノリの良さは1番だと思います。ちなみにバンド名を訳すと「炭疽菌」です。

music_of_mass_destruction.bmp  Music of Mass Destruction: Live from Chicago

2004年発表のライブCD&DVD。現在のANTHRAXを知るには最適だと思います。個人的にはそれほど好きではない最近の曲もDVDで映像と合わせて聴くとそれほど悪くないなと思いました。DVDの16曲目はラップのPUBLIC ENEMYのカヴァー。さらに、その後にMETALLICAのカヴァーも入ってる辺りがこのバンドらしいです。

sound_of_white_noize.bmp  Sound of White Noise

1993年発表の6枚目。ビルボード初登場7位。ヴォーカルが現在のジョン・ブッシュに代わってからの初めてのアルバム。アルバムの最初から最後まで速さよりも重さに比重が置かれた曲が並びます。スラッシュメタルとは少し感じが違いますが、どの曲もアグレッシブで完成度は高いので、このアルバムはおすすめです。

spreading_the_disease.bmp  Spreading the Disease

1985年発表の2枚目。このアルバムからの曲は上のライブアルバムには全く入ってませんが、名曲が目白押しの名盤です。1曲目“A.I.R.”、3曲目“Madhouse”は人気の高い曲です。8曲目の“Medusa”が個人的には好きです。スラッシュメタル時代のANTHRAXを知るには、まずこのアルバムがおすすめです。

Madhouse
Gung-Ho

http://www.anthrax.com/

| | Comments (26) | TrackBack (2)

2004/7/31(年間通算153~154枚目)

吉祥寺で2枚買ってきました。

HAZEN STREET

hazen_street.bmp  Hazen Street

HPを見るとハードコア云々と書いてありますが、メロディックパンクだと思います。ミッドテンポの曲が中心ですが、ポップです。裏ジャケのメンバー写真を見ると、凶悪犯にしか見えない人がいておもしろいです。
http://www.hazenst.com

SHIFTY

shifty.bmp  Happy Love Sick

CRAZYTOWNのヴォーカルのソロアルバム。CRAZYTOWNと同じミクスチャーです。SUGAR RAYっぽいところもあって夏向きな音楽。
http://shiftymusic.com

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004/7/27(年間通算151~152枚目)

少し前に届いたのに、今日になってようやく聴けた2枚です。

STATIC-X

beneathbeyweenbeyond.bmp  Beneath... Between... Beyond

インダストリアル・ヘヴィロックバンドのレアトラック集。リミックスやデモが収録されてます。通常のアルバムの方がまとまりも合って良いので、このバンドを知らない人はそっちを先におすすめします。ファンの人にはこのアルバムも良いと思います。ちなみに11曲目ではMINISTRYの名曲“Burning Inside”をFEAR FACTORYのヴォーカルと一緒にカヴァーしてます。
http://www.static-x.com

RICANSTRUCTION

ricanstruction.bmp  Love + Revolution

ミクスチャーロック。最初、RAGE AGAINST THE MACHINEタイプかなと思いましたが、色々なことやってます。良く言うと、多彩で幅広い感じですが、悪く言うとアルバム全体で統一感が希薄です。ベースラインがはっきりしてる曲が多いこととヴォーカルが男女のツインなところが特徴。
http://www.ricanstruction.net/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.30

2004/7/26(年間通算150枚目)

今週は忙しくて新しく届いたCDを聴けなかったので、今聴いてます。月曜に届いた1枚。

SWICHFOOT

swichfoot.bmp  The Beautiful Letdown

普通のロック。音楽から強烈な個性は感じないけど、意外とヒットしてるらしい。1曲目は「スパイダーマン2」のサントラに入ってるらしい。DVD付きを注文したのに違うのが届いてショックでした。
http://www.switchfoot.com

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.25

SLAYER

スラッシュメタルの帝王。今やジャンルを越えて、リスペクトを受けるバンドです。すべてのヘヴィミュージック好きの人は必聴です。ちなみにMETALLICAMEGADETHANTHRAXと合わせてスラッシュ四天王と言われてました。

reign_in_blood.bmp  Reign in Blood

1986年発表の3枚目。世間で評価の高いアルバムで、スラッシュメタルの教科書的な扱いを受けています。10曲で30分弱という密度の高さで、暴走気味の曲が連続します。初めて聴く人には、どこが良いのかわからないかも知れませんが、何回か聴いて曲の展開を覚えてくると、快感へと変わってくるので何回か聴いてみてください。1曲目の“Angel of Death”や10曲目の“Raining Blood”はライブでは必ずやる代表曲です。

seasons_in_the_abyss.bmp  Seasons in the Abyss

1990年発表の5枚目。速さと重さのバランスが優れた名盤。SLAYER初心者にはこのアルバムの方が聴きやすいと思います。1曲目の“War Ensemble”のようなスピード感のある曲と5曲目の“Dead Skin Mask”のような邪悪な雰囲気を醸し出す曲が溶け合ってアルバムを作り上げています。このアルバムも必聴です。

Dead Skin Mask
Seasons in the Abyss

god_hates_us_all.bmp  God Hates Us All

2001年発表の8枚目。現時点での最新作。アルバムジャケットは、血まみれの聖書に釘を打ってる写真なので輸入盤では白い紙を写真の前に差し込んだ形で売られています。音楽的には装飾が多少現代っぽいところもありますが、基本は何も変わらずにSLAYER節が貫かれています。SLIPKNOTが好きな人は聴いておいて損はないと思います。
http://www.americanrecordings.com/slayer/

| | Comments (46) | TrackBack (1)

2004/7/25(年間通算148~149枚目)

今日もアマゾンから2枚届きました。

STARFIELD

starfield.bmp  Starfield

爽やかでメロディアスなロック。アルバムジャケットも音楽もポジティブな雰囲気に包まれています。NINEDAYSTHE CALLINGが好きな人は気に入ると思う。
http://vi.starfieldonline.com/

STRANGER BY DAY

stranger_by_day.bmp  Death of Apathy

スクリーモ。普通にメロディを歌うヴォーカルとデス声担当が一緒に歌うパートなどもあります。音は結構ヘヴィ。
http://www.strangerbyday.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.24

TOOL

重く暗く妖しいヘヴィロック。アートワークとかビデオクリップも奇妙な雰囲気です。音楽的にもとっつきやすいとは思えませんが、かなり熱狂的なファンがいるというのも事実です。

aenima.bmp  Aenima

1996年発表の2枚目。個人的には好きなアルバム。暗い曲ばかりですが、各曲の完成度が高く、長く楽しめます。普通のヘヴィロックとはちょっと違う独特の雰囲気があるので、試しに聴いてみてください。ちなみにヴォーカルの人はA PERFECT CIRCLEというバンドをやってます。HPを見ると、彼らの世界観に触れることができます。

lateralus.bmp  Lateralus

2001年発表の3枚目。音楽的には前作の延長線上にあると思います。暗さは少し減ったような気がしますが、長い曲が多く、プログレっぽさが増して、とっつきにくいことには変わりありません。他のヘヴィロックバンドのアルバムとは一線を画します。
http://www.toolband.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

BUCKCHERRY

ハードロック/ヘヴィメタルの救世主と期待されながらも惜しくも解散してしまったバンド。2枚のアルバムしか残してません。音楽も素晴らしかったけど、雰囲気的にもかっこいいバンドでした。

time_bomb.bmp  Time Bomb

2001年発表の2枚目にして最後のアルバム。ロックンロール基調のハードロック。曲も良いけど、特徴的なのはヴォーカルの声質で、聴いてるとクセになります。ワイルドな感じなのに、意外とバラードもしっかりと歌えてます。このヴォーカルが好きな人は、JOSH TODDも聴きましょう。ちなみにこのアルバムは、個人的な2001年ベストアルバムで、本当によく聴きました。7曲目“Underneath”が特に好きですが、アルバム全体の流れも良く、名盤だと思います。

Riding

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JOSH TODD

解散してしまったBUCKCHERRYのヴォーカルのソロ。今日はロックオデッセイに出ているはず。見たかったな。イレズミすごいし。

josh_todd.bmp  You Made Me

2004年発表のソロとしてのデビューアルバム。BUCKCHERRYと比べると、少し音がヘヴィになったかなと思いますが、バラードも何曲か入ったハードロックの好盤だと思います。個人的にはこの人の特徴的な声が好きなので、BUCKCHERRYの代わりとして、十分楽しめます。10曲目の“Straight Jacket”が1番好き。
http://www.joshtodd.com

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004/7/24(年間通算145~147枚目)

アマゾンからCDが3枚届きました。

PN

pn.bmp  Art of Being We

ベルギーのバンドらしい。スクリーモやメタルっぽいところもありますが、単にそれだけにはとどまらない音楽性。静かにメロディを歌い上げるパートも多いです。結構、面白いバンドです。
http://www.funtimerecords.com/PN/

SILENT DRIVE

silent_drive.bmp  Love Is Worth It

このバンドも上のPNと同じで、スクリーモとかメタルの要素を含みながら、それだけの音楽ではないです。意外にポップなところもあります。表も裏も中身も花だらけで綺麗。
http://www.silentdrive.net/

FROM FIRST TO LAST

from_first_to_last.bmp  Dear Diary, My Teen Angst Has a Bodycount

今日届いた3枚の中では、一番オーソドックスなスクリーモだと思う。でも一本調子ではなく、このバンドも色々な要素を入れてます。
http://www.fromfirsttolast.com/

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.07.19

NINEDAYS

アメリカンロックバンド。超ポップでキャッチー。大好きだったのに、行方不明です。やっぱり解散してるのかな?HPも見つからないし。誰か教えて。

ninedays.bmp  The Madding Crowd

2000年発表のデビューアルバム。キラキラしてるイメージの音楽をやってます。何度聴いても飽きの来ない極上のポップソングが詰まったアルバムです。本当に解散しちゃってるのかな?メロディアスなアメリカンロックが好きな人は店頭から消える前に聴いた方がいいと思います。

| | Comments (26) | TrackBack (0)

HELLOWEEN

ジャーマンメタルの雄。突然、何の脈絡もなくHELLOWEENを出してみました。最近、この辺のバンドはめっきり影が薄くなってるような気がしますが、一時代を築いた偉大なバンドです。

keeper_of_the_seven_keys_2.bmp  Keeper of the Seven Keys, Pt. 2

1988年発表の3枚目。このアルバムの邦題は「守護神伝 第2章」で、前年発表のアルバムが第1章です。今は両方合わせたものも発売になってますが、このアルバムの方が好きなので、敢えてこれを紹介します。このアルバムの特徴はスピード感と親しみやすいメロディです。組曲風の1曲目から2曲目“Eagle Fly Free”への劇的な流れや4曲目“Rise and Fall”5曲目“Dr.Stein”8曲目“I want out”など、名曲が目白押しです。聴いたことがない人は騙されたと思って、このアルバムだけでも聴いてみてください。
http://www.helloween.org/

| | Comments (2) | TrackBack (0)

MOTLEY CRUE

華やかな80年代LAメタルの代表バンド。未だにこんなに絵になる人達っていないような気がする。男が見ても見た目的にかっこいいなって思うし、常にトラブルばかり起こしてる感じがします。もっとこういうバンドが出てこないとシーンが盛り上がらないですね。ベースのニッキー・シックスのバンドBRIDES OF DESTRUCTIONがサマーソニックに出演予定。

dr.feelgood.bmp  Dr.Feelgood

1989年発表の5枚目。ハードロックの名盤。このアルバムの後もバンドは活動を続けてますが、ヴォーカルが抜けたり、ドラマーが抜けたりで本当の意味のMOTLEY CRUEはここまでだったと思います。このアルバムは本当に充実した内容で最初から最後まで捨て曲ナシです。5曲目“Kickstart my heart”は本当に名曲。2曲目の“Dr.Feelgood”のリフをパクってる日本のバンドの曲も聴いたことがあります。MOTLEY CRUE入門にはベストアルバムを聴くより、このアルバムを聴くべしです。

Kickstart My Heart

girlsgirlsgirls.bmp  Girls, Girls, Girls

1987年発表の4枚目。上のDr.Feelgoodの1枚前のアルバムですが、若干雰囲気が違って、比較的ロックンロール色が強くシンプルな音です。アルバムジャケットはこっちの方が好きです。タイトルトラックが“Girls,Girls,Girls”っていう辺りからもこのバンドの雰囲気が伝わると思います。このアルバムも佳曲が詰まったアルバムだと思うので、MOTLEY CRUEってどんなバンドだろ?って思ったら、聴いてみてください。損はしないと思います。
http://www.motley.com/

Girls, Girls, Girls

| | Comments (0) | TrackBack (2)

MATCHBOX TWENTY

サンタナとの共演でグラミー賞を受賞したことで有名なロブ・トーマス率いるアメリカンロックバンド。大好きです。

mad_season.bmp  Mad Season

2000年発表の2枚目。これは名盤。すべてのメロディ重視のロックファンは聴くべきです。ヒットシングルの9曲目“Bent”を筆頭に何度聴いても飽きの来ない曲ばかりです。ヴォーカルのロブ・トーマスの歌は、暑苦しいくらいですが、感情がこもってて最高!

more_than_you_think_you_are.bmp  More Than You Think You Are

2002年発表の3枚目。前作Mad Seasonを気に入れば、このアルバムもまず間違いなく気に入るはず。ほぼ同じ作風です。2曲目“Disease”はミック・ジャガーとの共作。4曲目“Unwell”は名曲です。
http://www.matchboxtwenty.com

| | Comments (1) | TrackBack (0)

RED HOT CHILI PEPPERS

今やおしゃれなロックバンドとして超有名。他のバンドは全然知らないけど、レッチリは好きって人は意外と多いです。ミクスチャーの先駆者的存在で、アイデンティティを完全に確立してます。ロックオデッセイに見に行く予定です。

blood_suger_sex_magik.bmp  Blood Sugar Sex Magik

1991年発表のアルバム。代表作。最初聴いた時は、前作のMother's Milkから大きく変わっていたので、「あんまり良くないな」と思ったのを覚えてます。何回か聴いてようやくこのアルバムの良さが分かってきた時は、もうハマってました。9曲目の“Give it away”と11曲目の“Under the Bridge”というヒットシングルも良い曲ですが、全17曲捨て曲ナシです。最近の彼らとは別の魅力に溢れてます。まだ聴いてない人は早く聴きましょう。

by_the_way.bmp  By the Way

2002年発表の現時点での最新アルバム。上のBlood Sugar Sex Magikと比べると、大人になったことが如実にわかります。このアルバムの前作Californicationからの流れですが、このアルバムではさらにノリの良い曲が少なくなり、元気があるのは1曲目と10曲目くらいです。正直言って、最初聴いた時は「つまらないな」と感じましたが、このアルバムも何回か聴く内に少しずつメロディが染み込んで来てお気に入りになりました。誰にでもすすめられる良いアルバムだと思います。
http://www.redhotchilipeppers.com

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004/7/19(年間通算144枚目)

アマゾンからCDが1枚届きました。

PIGMY LOVE CIRCUS

pigmy_love_circus.bmp  Power of Beef

重くうねって気持ちいいヘヴィメタル。ドラマーはTOOLの人らしいけど、音楽性はちょっと違います。アルバム通して、男臭い雰囲気で貫かれています。アルバムタイトルは「牛肉の力」。
http://www.pigmylovecircus.com/

| | Comments (4) | TrackBack (0)

METALLICA

超大物ヘヴィメタルバンド。未だに人気もあるし、影響力も絶大です。基本として聴いておきたいバンド。元々はスラッシュメタルバンドでSLAYERMEGADETHANTHRAXと並び称されてました。

metallica.bmp  Metallica

1991年発表の5枚目のアルバム。アルバムジャケットを見ての通り、「ブラックアルバム」と呼ばれたりしてます。元々スラッシュメタルバンドだったMETALLICAなので、このアルバムは「遅い、重い」と発表当時は言われて、賛否両論だったような気がしますが、今、聴いてみると、そんなに遅くないなと思います。本当に大ヒットしたアルバムで公式な数字は知りませんが、1,000万枚以上は売れてます。アルバム収録曲はヘヴィな曲だけではなく、4曲目“The Unforgiven”、8曲目“Nothing Else Matters”のように絶妙な場所に歌を聴かせるタイプの曲も収録されているので、アルバム全体のバランスが非常に良く、最後までダレることなく聴けます(1曲が長いなと最初は思いましたが・・・)。このアルバムの発表後にGUNS N' ROSESとの全米ツアーをしてました。

Enter Sandman
Sad But True
The Unforgiven
Wherever I May Roam
Nothing Else Matters

master_of_puppets.bmp  Master of Puppets

1986年発表の3枚目。スラッシュメタルらしさを残した大名盤。未だにこのアルバムを最高傑作と評価する人が多いです。ヘヴィメタルを聴く人でこのアルバムを聴いてない人はあまりいないんじゃないかな?と思います。ただ激しいだけではなく、展開の面白さやメロウな部分の存在がこのアルバムを深くしてます。個人的には、1曲目“Battery”と2曲目“Muster of Puppets”が特に好きです。最近のラウドロックが好きな人には、先にMetallicaをおすすめしますが、それを気に入ったら、このアルバムを聴いて欲しいです。

st.anger.bmp  St. Anger

2003年発表の8枚目のスタジオアルバム。アルバム全曲のスタジオライブDVDが付いてるので、現在のMETALLICAを見ることが出来ます(こういうことをするのはMETALLICAらしい)。このアルバムについても賛否両論ありますが、私はそんなに嫌いではありません。ちょっと曲が長くて後半ダレる様な気がしますが、聴いて損はないと思います。1曲目“Frantic”や2曲目“St.anger”などMETALLICAらしいというわけではないですが、アグレッシブで良い曲です。DVDだけでも見て欲しいです。
http://www.metallica.com

St. Anger

| | Comments (8) | TrackBack (0)

MIDTOWN

今年のサマーソニックに出るメロディックパンクバンド。一世を風靡したDrive-Thruの看板バンドでしたが、3枚目で移籍したようです。

forget_what_you_know.bmp  Forget What You Know

ついこの間発表した3枚目。プロデューサーはブッチ・ウォーカー。前作までと比較すると、成長が如実に表われています。脱パンクという感じで、より万人受けするロックに近くなったと思います。アルバム最後の曲はJIMMY EAT WORLDの曲とそっくりで、エモを目指してるのか?とも考えてしまいました。個人的には、このアルバムでの変化は大歓迎なので、サマーソニックが非常に楽しみです。

midtown.bmp  Living Well Is the Best Revenge

2002年発表の2枚目。若さ溢れるという作風です。このアルバムはメロディックパンクの中では、レベルの高い方だと思います。3枚目と比べるとストレートですが、これはこれで魅力があります。11曲34分で一気に聴けるし、サマーソニック前に聴いておいて損はないと思います。

Like A Movie

オフィシャルサイト:http://www.midtownrock.com

| | Comments (0) | TrackBack (1)

LINKIN PARK

ミクスチャーロックバンド。デビューアルバムでブレイクしてかなり人気があります。ツインヴォーカルで、メロディ担当とラップ担当がいます。

live_in_texas.bmp  Live in Texas
  
2003年夏のMETALLICA、LIMP BIZKITとのツアーのライブアルバム。デビューアルバムHybrid Theory1枚で超メジャーになりましたが、個人的には、あまりピンと来てませんでした。このライブアルバムにはDVDが付いていて、それを見てようやく「LINKIN PARKっていいな」と思ったので、このアルバムをおすすめします。ライブアルバムがきっかけで好きになるというのは、自分にとってはすごく珍しいです。1番好きな曲は2枚目Meteora収録の“Faint”です。
http://www.linkinpark.com

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.07.18

LIFEHOUSE

アメリカのロックバンド。2001年にデビュー。個人的には2000年はメロディアスなロックの当たり年で、VERTICAL HORIZONMATCHBOX TWENTY、NINEDAYSと長く楽しめるアルバムが多く出ました。このLIFEHOUSEはその流れの中での最後の大物というイメージです。

lifehouse.bmp  Stanley Climbfall

2002年発表の2枚目。歌を聴かせるタイプのバンドですが、ヴォーカルの声質のせいもあって少し暗めな雰囲気です。しかし、そのヴォーカルが裏声を使って歌う曲の盛り上がりは、中々対抗できるバンドがいないように思います。意外と演奏はヘヴィなので、ラウドロック好きでもいけそうです。ちなみに1枚目もかなり良いのですが、空き巣に盗まれてまだ買い戻してません。1枚目に収録の“Hanging by A Moment”が大ヒットしてます。
http://www.lifehousemusic.com

| | Comments (53) | TrackBack (0)

PALOALTO

アメリカのポップロックバンド。アメリカというより、イギリスっぽい湿り気のある音楽をやってます。

paloalto.bmp  Heroes and Villains

2003年発表のアルバム。2枚目らしいですが、1枚目は聴いてません。リック・ルービンがプロデューサーというだけで、個人的にはかなりプラス要因なんですが、このアルバムは曲の質も高く、ちょっと憂いもあって良いです。音楽に激しさよりもメロディを求めてる人は聴いた方がいいと思います。これが好きな人はHALOも絶対気に入るので、両方聴いてください。
http://www.paloaltomusic.com

Fade Out/In

| | Comments (0) | TrackBack (0)

HALO

ブリストル出身のロックバンド。ポップな音楽をやってます。かなりハーモニーが美しいですが、HPによるとサイモン&ガーファンクルの影響だって言ってました。

halo.bmp  Lunatic Ride

2002年発表のデビューアルバム。このバンドは知名度低いですけど、かなり良いですよ。退廃的な雰囲気がたまらない。最初から最後まで独特な雰囲気で流れて行きます。ゆっくりとした暗い曲に美しいメロディとコーラスが良く合っていて、ハマリ度が高いと思います。一度聴いてみることをおすすめします。
http://www.halomusic.com

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.17

BORIALIS

今年のサマーソニックに出るミクスチャーをやってるバンド。ターンテーブルもいる6人組。新人だけどレベルは高いです。

borialis.bmp  What You Thought You Heard

かなりスクラッチを多用していますが、明るくなり切らない音楽性です。陰か陽かって言うと、陰に属する感じ。何でなんだろう?曲はすごく良いんだけど、不思議。LINKIN PARK好きな人なら、好きになると思います。サマーソニックでライブを見たい。
http://www.borialis.net/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004/7/17

今日はタワーレコードで1枚買ってきました。

KICK THE KANGAROO

kick_the_kangaroo.bmp  Bits & Pieces

よくわからないけど、ヨーロッパのポップロックバンド。昨年サマーソニックで名前の似た日本のバンドを少し見たけど、5万倍くらいこっちの方が良いです。THE CALLINGとか好きな人には絶対おすすめです。
www.kickthekangaroo.com

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.07.13

2004/7/13

アマゾンで中古のCDを初めて買ってみました。2枚。

DONOTS

donots.bmp  Got the Noise

ドイツのパンクバンド。少しヨーロッパらしく音が湿っている感じ。やっぱりアメリカとヨーロッパの間には、多少差がありますね。

THE ORDINARY BOYS

the_ordinary_boys.bmp  Over the Counter Culture


UKロックって言われてますね。UKロックはあんまり好きじゃないんですが、ホーンとか使っていて、これは割と好きです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.11

BRAZIL

ハードコアです。AT THE DRIVE-INみたいなバンド。HP見たけどよくわからなかった。

brazil.bmp  Hostage And The Meaning Of Life

2004年発表のデビューアルバム。このアルバムは強烈です。どちらかというとアルバム前半は勢いで攻めて、後半は曲構成でって感じ。前半も決して単調ではなく、後半はピアノとかを多用します(サックスも出てくる)。最近聴いたこのジャンルのアルバムでは頭一つ抜けてるように感じます。かなりお気に入りです。
HP:http://www.braziltheband.com

| | Comments (0) | TrackBack (0)

BREAKDANCE VIETNAM

詳しいことはよくわからないですが、スクリーモです。輸入盤のライナー見てもよくわからないです。パンク系のバンド(NEW FOUND GLORY、GREEN DAY、JIMMY EAT WORLDなど)のサポートをしてたようです。

breakdance_vietnam.bmp  Memories of Better Days

2004年発表。デビューアルバムのようですが、このアルバムは良いです。STORY OF THE YEARとか好きな人には良いと思います。キャッチーな曲や、ピアノが入ってくる曲などあり、メジャー感があります。あんまり知名度は高くない感じだけど、化ける可能性はあると思います。意外な掘り出し物です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

MASNADA

フランスのバンド。ちなみにフュージョンコアというジャンルの音楽らしいです。“デジタルサウンド”と“コア・スタイル”の融合というのがフュージョンコアの定義だとか。ノリはいいです。

masnada.bmp  Mas 001

詳しいことは分からないですが、1曲目の“Mas 001”は超強力です。これを試聴して即買ってしまいました。他の曲もヘヴィで良いです。若干、デジタルサウンドが入るというのを除けば、SLIPKNOTやSOULFLYっぽいところが結構あります。もっと的確にこのバンドを表すバンドがいる気がするのですが、それが思い出せなくて気持ち悪いです。とにかく、踊りたい人はこれを聴いてください。

| | Comments (27) | TrackBack (0)

SUGARCULT

かなりポップなバンド。2枚アルバム出してますが、1枚目は空き巣に持ってかれたので、しばらく聴いてません。AMERICAN HI-FIと似てると思う。

sugercult.bmp  Palm Trees and Power Lines

2004年発表の2枚目。カテゴリをパンク/エモにしましたが、パワーポップです。上に書いたように1枚目は空き巣に持っていかれたのですが、結構お気に入りでした。記憶の中の音との比較ですが、この2枚目はさらに曲が良くなってると思うので、おすすめです。上にも書いたようにAMERICAN HI-FIと似てます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

GUNS N' ROSES

アルバム1枚で一時代を築いたバンド。まだ解散はしてないけど、ヴォーカルのアクセルしか残ってないし、今後にはあんまり期待はしてません。過去の3枚のアルバムはどれも必聴です最近出たベストアルバムは聴く必要ないと思いますよ。

appetite_for_destruction.bmp  Appetite for Destruction

1987年発表の歴史に残るアルバム。ハードロックの超名盤。ひょっとすると、モダンヘヴィネスに慣れてる人には、物足りないと感じられるかも知れませんが、聴いてみてください。ハードロックのかっこよさが詰まっています。今聴いてみても、やっぱり曲が良いです。1曲目の“Welcome to the Jungle”から、12曲目の“Rocket Queen”まで隙がありません。良い曲をやっていることと併せて問題児的な行動がこのバンドの人気を高めたのだと思います。ちなみに最初のアルバムジャケットは、ロボットが女性をレイプした後の絵で発禁になりました。

Paradise City
Sweet Child O' Mine

use_your_illusion1.bmp  Use Your Illusion Ⅰ

1991年に2枚同時発表のアルバム。このUse Your Illusion Ⅰは、16曲入りで76分収録されているので、Use Your Illusion Ⅱと合計で30曲150分になります。こんなことをするのもこのバンドの面白いところでした。さらにすごいのは曲の質も高いところで、このⅠの10曲目“November Rain”はピアノも美しく特に好きな曲です。色々な曲をやっているので、どれがGUNS N' ROSESなのか?と思われるかも知れませんが、懐が広いと解釈したいです。

Live And Let Die
November Rain

use_your_illusion2.bmp  Use Your Illusion Ⅱ

上のUse Your Illusion Ⅰと同時に発表したアルバム。当時、こっちのUse Your Illusion Ⅱ方がまとまりがあると言って評価が高かったような気がします。アップテンポの曲は比較的少ないですが、1曲目の“Civil War”や11曲目の“Estranged”など味わいのある曲がそろってるので、このアルバムも必聴です。

| | Comments (3) | TrackBack (2)

VELVET REVOLVER

元GUNS N' ROSESのスラッシュ、ダフと元STONE TEMPLE PILOTSのヴォーカルが結成したバンド。普通にハードロックをやってます。

velvet_revolver.bmp  Contraband

2004年発表のデビューアルバム。アメリカでもセールスは好スタートだったようです。ギターソロを聴くとGUNS N' ROSESを思い出しますが、音楽的には良い意味で平凡なハードロックです。メロウな曲の方がヴォーカルが映えます。アルバム全体として質は高いのですが、「これだよ、これ!」って曲がないような気がします。まだ聴き込みが足りないかな?ヴォーカルがこのアルバムでハードロックに興味を持った人は、GUNS N' ROSESも聴きましょう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

THE CALLING

メロディアスでポップな大人向けロック。ゆっくり和みたい時におすすめです。2人でやってるようです。

the_calling_2.bmp  Two

2004年発表の2枚目。最初から最後までじっくり聴かせるタイプの曲が続きますが、音はそんなに軟弱なわけではないので、ポップスではなくてロックです。LIFEHOUSEが好きな人は絶対気に入るはず。歌い方も含め、結構似てる気がします。こういう音楽はそれなりに広く受け入れられると思うんだけど、周りにこのバンド知ってる人がいなくて寂しいです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004/7/11

アマゾンから2枚届きました。

FORTY WINKS

forty_winks.bmp  Sweet Sweet Frenzy

メロディックパンクバンドの7曲入りEP。この手のバンドにしては音の密度が高くて、自分の好みに合うなぁ。

THE GAMITS

the_gamits.bmp  Antidote

メロディックパンク。単調なパンクは嫌いですが、これは曲のバラエティが豊かで楽しめます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

BRIDES OF DESTRUCTION

今年のサマーソニックに出るバンド。MOTLEY CRUEのニッキー・シックスとL.A. GUNSのトレイシー・ガンズが結成したバンドでハードロックをやってます。生ニッキー・シックスは見たことないので、サマーソニックが楽しみ。

brides_of_destruction.bmp  Here Come the Brides

昨年末発売のデビューアルバム。全然期待しないで聴いたので、良くて驚きました。さすがに曲作りはうまいなという感じです。ヴォーカルの声質が特徴的で、ちょっとBUCKCHERRYっぽい曲などに合ってます。6曲目の“Natural Born Killers”が好きです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.10

AEROSMITH

7月20日の東京公演に行く予定なので、載せてみます。超有名バンドなので、説明はいらないと思いますが、70年代から活躍してるベテランです。高校生の時は、かなり頻繁に聴いてました。かっこいいし、初心者にはピッタリのバンドですね。

get_a_grip.bmp  Get a Grip

1993年発表のアルバム。その後も売れ続けてるし、良い曲も作り続けてますが、個人的にはこのアルバムの頃が一番好きでした。1曲目から2曲目への流れは必聴。バラードの9、11曲目もヒットして良い曲ですが、ハイライトは5曲目の“Lvin' on the Edge”だと思います。この曲は本当に名曲です。AEROSMITHを初めて聴く人はこのアルバムから聴くとことをおすすめします。ノリの良い曲とバラードのバランスがすごく良いです。

Livin' on the Edge
Cryin'
Crazy
Amazing

draw_the_line.bmp  Draw the Line

1977年発表の5枚目のアルバム。80年代に復活する前のアルバムで、最近のAEROSMITHとは少し違いますが、大好きなアルバムです。世間的にはこのアルバムよりも3枚目のToys in the Attic (“Walk this way”収録)や4枚目のRocks(“Back in the saddle”収録)の方が評価が高い気がしますし、確かにその2枚も良いアルバムですが、個人的にはこのDraw the Lineが一番ノリが良くて好きです。興味があったら是非聴いてもらいたいです。

permanent_vacation.bmp  Permanent Vacation

1987年発表のアルバム。このアルバムから今のAEROSMITHが始まったと言えると思います。ポップな3,5曲目や9曲目のバラード“Angel”など、最近のライブではやってないようですが、良い曲が多いです。11曲目のカバー“I'm down”は入れたくなかったと後々メンバーが言ってましたが・・・。個人的には好きなアルバムなので、おすすめです。

Rag Doll
Dude (Looks Like A Lady)

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2004/7/10

今日は新星堂とRECOfanで合計3枚買ってきました。

MINISTRY

ministry.bmp  Houses of the Mole

インダストリアルの雄。久々にスピード感のある曲が並んでいて大満足。

UNCLE KRACKER

uncle_kracker.bmp  Seventy Two & Sunny

KID ROCKの弟分的存在。なんだか大らかな音楽になっちゃって寂しい。ヒップホップだったはずなのに・・・。土臭い。

BREAKING BENJAMIN

braking_benjamin.bmp  We Are Not Alone

ラウドロック2枚目。結構メロディアス。前作も少しお気に入りでしたが、このアルバムも好きになりそうです。6曲目は名曲だと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.09

AMEN

今年のサマーソニックに出演するバンドです。確かロス・ロビンソンのレーベルからの2番目のバンドって触れ込みでデビューしてきたと思います。1番目はSLIPKNOTで、音楽的には全然違いますが、仲は良いみたいです。正直言ってこのバンドのジャンルってどう説明したらいいかよくわからないのですが、ロックンロールがベースのハードコアって感じです。テンションが狂ったように高いです。

we_have_come_for_your_parents.bmp  We Have Come for Your Parents

2000年発表の2枚目。今年3枚目を出したのですが、聴き比べてみるとこの2枚目のアルバムの方が良いと思うので、こっちをおすすめします。2枚目と3枚目で何が変わったのかというと、明らかにヘヴィさが後退してます。勢いなどは変わっていませんが、勢い+ヘヴィな方が個人的には好きですね。サマーソニックの予習ならこのアルバムも聴いて欲しいです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

MY CHEMICAL ROMANCE

今年のサマーソニックに出るエモバンド。ニュージャージー出身ってことしか知りません。でもデビューアルバムを聴いて「見てみたいな」って思いました。

my_chemical_romance.bmp  Three Cheers for Sweet Revenge

2枚目。これの前にEP出してるみたいだけど、未聴です。このバンドの特徴はものすごくハイテンションなところです。このバンドと同じく今年サマーソニックに出るAMENに通じるところがあると思います。ただ、AMENがかなり一直線にハイテンションなのと比べ、たまにSUM41みたいなところがあったりして、意外とバラエティに富んだ曲をやってます。今年のサマーソニックは似たバンド多いですね。でも、これはおすすめです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.07.08

2004/7/8

平日の記事更新は大変。家に帰ってきたらCDが1枚届いてたので、今聴いてます。

EARSHOT

earshot.bmp  Two

ラウドロックバンド。アルバムタイトルどおり2枚目。前作も聴いたけど、あんまり印象残ってないなぁ。ミッドテンポの重めの曲に意外と表情のあるヴォーカルが乗っかってる感じ。聴き込むと味が出てきそう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.07.06

MEGADETH

Burrn!8月号でデイヴ・ムステインのインタビューを読んだら、MEGADETHのことが書きたくなりました。メタル界では大物バンドです。特別に強い思い入れはありませんが、普通に好きです。元々スラッシュメタルをやってたバンドで、最近は普通のメタルをやっていましたが、バンドリーダーのデイヴ・ムステイン(METALLICAに在籍してたこともある)が脱退して、空中分解をした状態でした。デイヴ・ムステインだけでやるらしいのでうれしいです。

youthanasia.bmp  Youthanasia

1994年発表の6枚目。1、2、9曲目が好きなので、このアルバムをまずおすすめします。1曲目“Reckoning Day”はドラムが印象的な曲です。MEGADETHらしい曲ではないですが、誰にでもすすめられる曲です。次の2曲目“Train of Consequences”はキャッチーでギターが印象的な曲です。この1、2曲目の流れはMEGADETHのアルバム全部を考えても大好きな2曲なので、これだけでこのアルバムはおすすめできます。おまけに9曲目の“Youthanasia”も名曲です。スローテンポな前半を耐えて突然アップテンポになる展開が本当に気持ちいいので、だまされたと思って聴いてください。他にも佳曲が詰まっているのでこのアルバムをまず聴いて欲しいです。

countdown_to_extinction.bmp  Countdown to Extinction

1992年発表の5枚目。記憶が正しければ、上のYouthanasia よりこっちの方が売れてたはず。全体の質が高いです。個人的には1、2、7、8、11曲目が好きです。この頃にはすでにヘヴィメタル然とした雰囲気だけど、MEGADETHを初めて聴く人には良いかも知れません。これが出た頃は高校生で、アルバムを通して聴いた回数ならこのアルバムが一番多いかも。

| | Comments (116) | TrackBack (2)

2004.07.04

2004/7/4

今日はアマゾンから大量に届きました。7枚。

LIT

lit.bmp  Lit

記事≫

MIDTOWN

forget_what_you_know.bmp  Forget What You Know

パンク。前作は本当にストレートだったが、かなり成長した。個人的には大歓迎だけど、賛否両論ありそう。ラストの15曲目はJIMMY EAT WORLDのパクリ?でも好きだな。

ATREYU

the_curse.bmp  The Curse

ヘヴィメタルです。包装のビニールに「OZZFEST」に参加するって貼ってあったけど、このバンドはハードコアではなくて、メタルですね。一回聴いた感触では、良い感じ。

AUTHORITY ZERO

andiamo.bmp  Andiamo

ストレートなパンク。特に前半は直球勝負って感じ。途中から少し、スカっぽかったりでヒネリも効いてきます。ちなみに前作も持っていたのですが、空き巣に持って行かれました。

ALEXISONFIRE

watch_out.bmp  Watch Out!

メタル色の強いハードコア。THRICEに似てるかな。結構好き。

UNEARTH

the_oncoming_storm.bmp  Oncoming Storm

デス/スラッシュ・メタル。速い曲が多くて聴きやすい。と言ってもこういうタイプにしてはということですが。良いと思う。

FAREWELL MY ENEMY

farewell_my_enemy.bmp  Casting for Funerals

控えめなスクリーモのデビューアルバム。海外のサイトだと、昔のSAVES THE DAYなどのファン向けとなってました。聴き込むとどんどん良くなっていきそうなアルバム。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

VANILLA SKY

今度はイタリアのバンドです。メロディック・パンクをやっています。VANILLA SKYの由来は「太陽が沈む時の空の色」らしいです。

vanilla_sky.bmp  waiting for something

2004年発表のデビューアルバム。LAST YEARS HERO..のデビューアルバムと同時に買ったのですが、どっちも当たりでうれしかったです。デビューアルバムとは思えないほど、曲が良いです。意外と演奏がしっかりしていて、音の密度が高いところが好きです。基本はパンクですが、あんまり脳天気な感じではなく、バラエティ豊かなアルバム構成を考えると、今後が楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

LAST YEARS HERO..

最近、アメリカとイギリス以外からも質の高いバンドが出てくるようになった気がします。このバンドもオーストラリア出身。音楽はメロディック・パンク。個性的ではないですが、曲の質が高いです。

last_years_hero.bmp  Tell You When

2004年発表のデビューアルバム。ポップでキャッチーなパンク。こういうタイプの音楽をやっているバンドは多いですが、このアルバムは質が高いです。どの曲もストレートで甘く、ほとんどの曲をおすすめに挙げたい感じです。NEW FOUND GLORY辺りを好きな人は聴きましょう。


| | Comments (28) | TrackBack (0)

PRONG

消滅したと思ってたら復活したバンド。詳しいことは知らないけど、素直にうれしいです。かなり早い段階からインダストリアル系のヘヴィな音楽をやってました。このバンドも知名度が低いと思うけど、もっと有名になって良いと思う。ヘヴィなリフと跳ねるリズムの絡みが気持ちいいです。

rude_awakening.bmp  Rude Awakening

1996年発表の5枚目。超名盤。これは本当に聴きまくりました。このアルバムのあと、消滅してしまった時は本当に残念でした。アップテンポでリズミカルな曲とヘヴィなグルーヴの曲が交互に配置されていて、相乗効果が効いてます。このアルバムを聴いてファンになり、何枚か遡って聴きましたが、これが最高傑作だと思います。ヘヴィな音楽が好きな人みんなにおすすめしたいです。

scorpio_rising.bmp  Scorpio Rising

2004年発表の復活最新作。復活したという事実だけで相当うれしいのですが、アルバムの出来も良いです。古いのはちょっとという人もこのアルバムでPRONGに触れて欲しいです。前作から8年も経ってますが、基本の部分は変わっていません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ALICE IN CHAINS

ヴォーカルのレインがドラッグで死んで、バンドは消滅しましたが、未だに多くのバンドに音楽的な影響を与え続けてるバンドです。最近のバンドを聴いてて「ALICE IN CHAINSっぽいなぁ」って思うことは時々あります。ALICE IN CHAINSがどんな音楽をやっているかというと、暗く重いんだけどポップな音楽という奇妙なものです。呪術的なヴォーカルやコーラスワークは、結構、後進バンドのお手本になってると思います。

dirt.bmp  Dirt

1992年発表の2枚目。ライブアルバムやEPは出してますが、スタジオアルバムは3枚しか出してないALICE IN CHAINSの中ではこの2枚目が一番おすすめ。名盤です。1曲目の“Them bones”、2曲目の“Dam that river”などはまだ少しスピードがありますが、どんどん遅くなって5~7曲目あたりでは、かなりどんよりします。そして、また後半で少しスピードが戻ります。1枚目も構成が似ていましたが、曲の完成度はこっちの方が上だと思います。まったく爽やかさがないアルバムですが、中毒性が本当にあるので、未体験の人は試してください。

facelift.bmp  Facelift

1990年発表のデビューアルバム。当時はかなり聴き込みましたが、このアルバムではまだ病気度が低いような気がします。もちろん、6曲目の“Love,hate,love”ような曲もありますが、まだ孤高の域には達していない成長過程という印象です。順番としてはDirtを先に聴いた方がいいと思います。個人的には思い入れはありますけどね。

alice_in_chains.bmp  Alice in Chains

1995年発表の3枚目。日本ではジャッケットが変更になっています。輸入盤の方がいいですよ。この3枚目はスピード感のある曲がなくなると共に暗さも少し減退したような気がします。曲のウネり具合は一番だと思います。このアルバムを聴いてると「ロールプレイングゲームで敵のボスが出てきそうだな」といつも思います。そんな雰囲気の音楽です。

| | Comments (23) | TrackBack (1)

2004.07.03

TANTRIC

DAYS OF THE NEWというバンドが分裂してこのバンドが結成されたらしいです。本家の方にはヴォーカルだけ残ってます。音楽的にはそんなに変わらないような気もしますが、若干、こっちのTANTRICの方がオーソドックスなラウドロックに近いです。どんな音楽をやってるかというと、ALICE IN CHAINSのダークな部分を少なくした感じ(ってわかりにくい?)です。暗いんだけど、ポップ。ヴォーカルの声が太くて、派手さはないですが、中毒性が高いです。

after_we_go.bmp  After We Go

2004年発表の2枚目。音楽性に特に変化はないですが、2枚目ってことでよりまとまっている感じがします。聴いたことがない人は、まずこのアルバムから聴いてみることをおすすめします。このバンドはあんまり有名ではないけど、本当に癖になる妙なポップさがあるので、是非聴いてみてください。

tantric.bmp  Tantric

1枚目。先に2枚目を聴けば良いと思いますが、2枚目を気に入ったらこれもどうぞ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

LOSTPROPHETS

UK産ラウドロックバンド。6人組。よくLINKIN PARKが引き合いに出されるけど、個人的には「?」って思ってます。幅広い層に受け入れらそうなラウドロックバンドです。ヘヴィというより、ポップ。

start_something.bmp  Start Something

2004年発表の2枚目。1枚目は正直に言うとさっぱり良さが分からなくて、イギリスでは人気があるって聞いても「何で?どこが?」と思ってたけど、この2枚目は良くなりました。LOSTPROPHETSらしさというのはまだないような気がしますが、曲が断然良くなったと思います。特に3曲目“Last train home”がお気に入り。その他も佳曲ばかりで、アルバムとしてレベル高いです。

| | Comments (21) | TrackBack (0)

PANTERA

もう解散してしまいましたが、DAMAGEPLANと合わせて読んでもらえると良いと思います。PANTERAのライブは1度だけ行ったことがありますが、どうもそれが最後のライブだったようで複雑な気持ちです。ヘヴィな音楽が好きでもPANTERAは少し古いから聴いたことがないという人は一度聴いてみてください。単に激しいだけではないので、楽しめますよ。

far_beyond_driven.bmp  Far Beyond Driven

フィル・アンセルモが入ってから3枚目のアルバム。1994年発表(国内盤タイトルは「脳殺」)。下のVulgar Display of Powerの方が一般的に評価高いけど、個人的にはこのアルバムと甲乙付け難いです。このアルバムから少しメタルから抜けた気がします。2、4曲目はライブでも必ずやってた代表曲。

vulgar_display_of_power.bmp  Vulgar Display of Power

1992年発表のフィル・アンセルモが入ってから2枚目のアルバム(国内盤タイトルは「俗悪」)。これ出た頃ってまだ高校生でした。名盤の誉れ高いアルバムです。確かに良い曲が多く、1~5曲目は最後のライブでもやってたと思います。5曲目の“This love”は展開がとてもおもしろいので、おすすめです。

PANTERAはどのアルバムも良いので聴いてみて下さい。
Cowboys From Hell 1曲目の“Cowboys from hell”は名曲
Great Southern Trendkill 国内盤タイトル「鎌首」
Reinventing the Steel 最後のスタジオアルバム


| | Comments (56) | TrackBack (0)

DAMAGEPLAN

今は亡きPANTERAのギタリストとドラマーが結成したバンド。ヴォーカルはHALFORDというJUDAS PRIESTのロブ・ハルフォードのバンドのギタリストだった人らしい。

new_found_power.bmp  New Found Power

デビューアルバム。当然ですけど、PANTERAに似てます。特徴的なギターの音を聴くと、どうしてもそう感じてしまいますね。「名曲!」って言えるほどの曲はありませんが、ヘヴィな佳曲は多いと思います。何曲かただ激しいだけではない曲(4、8曲目など)もあるので、メタルっぽい感触が強いと思います。このアルバムが気に入るようなら是非PANTERAも聴いてみて欲しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004/7/3

アマゾンからCDが4枚届きました。注文してから1週間くらい掛かっちゃいました。

CHRONIC FUTURE

chronic_future.bmp  Lines in My Face

2枚目のアルバム。軽くエモも入ってるミクスチャーって感じだけど、かなりポップです。一回で気に入っちゃいました。これはおすすめ。

CROSSFADE

crossfade.bmp  Crossfade

1枚目?初めて聴きました。ミッドテンポの曲が多い。CREED辺りのタイプ。演奏が意外とヘヴィで印象的なフレーズもあるけど、個性はあまりないかな。10曲34分でコンパクト。

UNDEROATH

underoath.bmp  They're Only Chasing Safety

スクリーモ。1枚目じゃないのは、知ってるけど買うのは初めて。一回聴いた感想としては、結構良さそう。曲が単調じゃないので、飽きずに聴けます。もう少し聴き込んで判断したいと思います。

OPM

opm.bmp  Forthemasses

ミクスチャー。KOTTONMOUTH KINGSとレーベルが一緒。レゲエも入ってるけど、ヒップホップ色が強い。途中からスローテンポの曲が多い。個人的にはもう少しアップテンポな方が好き。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

FEAR FACTORY

ここまで特に何も考えずに思いつくままに好きなバンドを紹介してきましたが、このままだとどんどん拡散して行きそうなので、まずは今年アルバムを発表しているバンドに絞って行こうかなと思います。FEAR FACTORYは一度解散してるのですが、再結成してアルバムを出しました。聴けばそれとわかるインダストリアル掛かった超高密度な音に、意外とクリーンなボーカルが乗っかるという感じです。ヘヴィな音楽が好きな人は聴いて損はないとおもいますよ。

archtype.bmp  Archetype

今年の4月に出たアルバムです。初めてFEAR FACTORYを聴く人にも奨められます。緩急を付けた曲の並びになっているので、一枚通して聴ける感じです。2曲目の“Cyberwaste”が勢いもあって、おすすめですね。

demanufacture.bmp  Demanufacture

1995年の2枚目。出世作です。このアルバムで売れ始めました。上の最新作と比べると勢いはこっちの方があります。暴れたい人にはこっちの方がいいかも知れません。音のギッシリ感が強いので、弱ってる時には最後まで聴き通せない感じです。そういう感覚はSLAYERにも似てるかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.01

STERIOGRAM

ZEBRAHEADのついでにニュージーランドから今年デビューしたSTERIOGRAMを紹介。このバンドは本当にZEBRAHEADに似てます。こういうバンドが世界中から出てくると本当に幸せを感じます。

steriogram.bmp  Schmack!

写真はUS盤です。国内盤とは全然ジャケットが違うので、店頭ではわかりにくいかも知れません。ZEBRAHEADが好きな人は絶対聴いてください。絶対気に入ります!ZEBEAHEADを知ってる友人に「これ何だ?」ってSTERIOGRAMを聴かせたら、こちらの思惑通りに「ZEBRAHEAD!!」って答えてましたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2004 | Main | August 2004 »